成長ホルモン分泌不全性低身長症

成長ホルモン分泌不全性低身長症とは、成長ホルモンの出方が不足しているために低身長となる病気です。この病気は、原因不明であるもの(特発性)と基礎疾患のあるもの(器質性)に大きく分けられ、器質性のものは先天的なものと後天的なものに分けられます。先天的なものとは、脳下垂体に問題がある場合などを指し、一方、後天的なものとは、脳腫瘍によるものなどが挙げられます1)

下に示すように、①身長が同性同年齢の子どもと比べて「-2SD以下」の場合、または、②1年間の身長の増加が同性同年齢の子どもの平均値より少なく(80%以下)、これが2年以上続く場合に「医学的な低身長」に当てはまります。

低身長で成長ホルモン治療の対象となるのは「医学的な低身長」かつ「分泌刺激試験(負荷試験)」と呼ばれる検査で、成長ホルモンの分泌不全のあることが確認された場合です

  • 身長が同性同年齢の子どもと比べて「-2SD以下」注)の場合
  • 1年間の身長の増加が、同性同年齢の子どもの平均値の80%以下(小学校低学年では約4cm以下)で、これが2年以上続く場合

注)SD(標準偏差)とは統計学で使われる言葉で、この場合は、子どもの身長が同性同年齢の子どもの平均値よりどれだけ離れているかという幅を表しています。

通常、「-2SD」以下の身長の場合が低身長とされています。お子さんの身長に対応するSD値は標準成長曲線に身長を記録することで確認することができます。

1)田中敏章(監).低身長の最先端医療ガイドブック.永岡書店.2000,48-49.

お子さんの成長曲線を記録してみましょう

医者

お子さんの低身長について相談できる病院。

かんたん『低身長』チェック!

Growth Checker

お子さんの性別、測定日の年齢、身長、体重を入力していただくことで、同じ性別 • 年齢の子どもの平均身長との差(SD値)を簡単にお調べいただけます。

本サイトは子どもの成長障害や低身長に関するサイトです。専門医による成長障害の治療や成長ホルモン療法、成長曲線の描き方などを紹介します。