低身長にはいろいろな原因があります

低身長(成長障害)は、下記のような原因で起こります。原因によっては、治療できるものと、治療が難しいものがありますが、成長ホルモンや甲状腺ホルモンが不足している場合、あるいは栄養障害や心理的なものは、適切な治療を行うことにより、正常な身長に近づけることができます。また、心臓などの主要臓器に病気がある場合は、その治療が必要なのは、いうまでもありません。低身長の原因を検査することで、裏に隠れている重要な病気が見つかることもありますので、早めに検査することが大切といえます。

  • 病気とは考えにくいもの
    (体質性、家族性、未熟児で生まれてその後も伸びが遅いなど)
  • 子どもの成長を調節するホルモンの異常
    (成長ホルモンの不足、甲状腺ホルモンの不足など)
  • 染色体の異常 (ターナー症候群など)
  • 骨や軟骨の異常 (軟骨異栄養症など)
  • 主要臓器の病気 (心臓、腎臓、肝臓、消化管など)
  • 心理社会的な要因 (愛情遮断症候群など)
  • 栄養状態が悪い

子どもの成長を調節するホルモン

子どもの成長に欠かせないホルモンは、成長ホルモンと甲状腺ホルモン、そして性ホルモンがあります。このうち、成長ホルモンは、脳下垂体から分泌され、主に肝臓に働きかけて骨の成長に不可欠なIGF-I(ソマトメジンC)と呼ばれる物質を作らせ、身長を伸ばす重要な働きをしています。甲状腺ホルモンにも骨を成長させる働きがあるため、これらのホルモンが不足すると、身長の伸びが低下します。 これに対し、性ホルモンは、思春期の急激な身長の伸びと関係し、骨を成熟させる働きをしています。

ページトップへ

  • かんたん「低身長チェック!」
  • 低身長について相談できる病院を探す